経歴

  • 2019.12.14
  • 2019.12.15
  • 雑記

ブログ開設しました


ペンネーム:銀曜ハル
サークル名:かみか堂
連絡先:ginyouharu@gmail.com
Twitter pixiv YouTube

はじめまして!同人漫画家の銀曜ハルです。

このブログでは、僕の経験をもとに漫画や同人誌、絵について役立つ情報を発信していきます。
また同時に、自身の作品と名前を売っていくことも目的としています。

現在、同人作家として10年目を迎えました。
自己紹介として、経歴を載せておきます。
(年収も書いてありますが、総売上の事です)

ちなみにこのブログはサークル「すぺ」なかにさんのブログ、なかにっきを参考に制作しました。
なかなか見事な再現度だと思います。
なかにさん、シンプルでなんて見やすいブログなんでしょう。ありがとうございます!

WordPress苦戦したので、ブログの作り方の記事もそのうち書く予定です。

経歴

2009年以前(収入無し)

<小学生>
幼稚園、小学生の時の絵です。よく残ってたな…

<中学生>
友達からエヴァンゲリオンの単行本を借りて衝撃を受け、ビデオを買ってアニメを観て衝撃を受け、ノートに綾波レイの落書きをするキモいヲタクでした。
美術は得意でしたが特別絵を練習したりはしませんでした。
この頃から絵を描いていたら今頃神絵師だったことでしょう。

美術の授業で描いた絵。(高校かも)

<高校生>
小中高とバスケ部でしたが、レギュラーも取れず辞めることも出来ず中途半端に過ごしました。
マンガはずっと好きで、ヒカルの碁を読んで囲碁を、ライジングインパクトを読んでゴルフを覚えました。
授業で作った版画です。多分トレスして彫ったんでしょう。


<大学生>

工学部。ゴルフ部に入り4年間遊び呆けました。ゴルフ場に行ってキャディのバイトとゴルフをしつつ、授業をサボって友達の家で麻雀、典型的なアホ大学生でした。
大学の授業でプログラミングの触りだけ学べたのだけが唯一の収穫でした。
絵を描いた記憶はありません。

<ニート時代>
サラリーマンになるという想像がつかず、特に就活をすることもなく卒業をした僕はめでたくニートになりました。
しかし実家にいた僕は何かしらしたかったのでしょう。
こう思いました。

「そうだ!フィギュア原型師になろう!」

そして1冊の参考本を見ながら作り上げたのがコチラ↓

・・・・・・・・・・・・うん。
まぁ初めて作ったにしてはイイ出来ナンジャナイカナ。
2ヶ月かかったけど。
この時に板タブとSAIを買ったんだと思います。
みなみけの夏奈を描いて、それを元にフィギュアを作ろうとして断念した写真です。

断念した理由はお金とやる気です。
あと制作期間、材料費、技術、複製を売るワンフェスの機会、原型師への道筋
すべてを鑑みた結果、やっていけない気がしました。


2010年 年収100万

さて、次は何をしようか…
本棚にあった1冊のマンガが、その後の僕の10年を変えました。
そのマンガのタイトルは…

「げんしけん」

[木尾士目]のげんしけん(1) (アフタヌーンコミックス)

曰く、同人誌についてこう描いてあります。

同人誌って、そんなに儲かるんかーーーーーい!!!!
そういえば友達に連れられて行ったコミケ、長蛇の列と段ボールに無造作に投げ込まれる千円札を思い出した僕は決めました。

「同人作家になろう!」…と。

コミケまで待てない、2ヶ月後にサンシャインクリエイションという同人誌即売会があるらしい、すぐに申込をしました。
そしてpixivに投稿を始めます。

初めて描いた魔理沙です。
当時、先輩に借りてプレイしてた東方projectにハマっていました。
10年経っても魔理沙を描いてますね。笑

さて、初めての同人誌制作。印刷数は何部にしたら良いのでしょう?
バイブルのげんしけんでは…

ふむ。なるほど。
げんしけんで200部か。
じゃあ俺なら…

500部は売れんじゃね?

はい。完全に勘違いです。
初めての同人誌制作。初めてのサークル参加。むしろ絵描き歴1ヶ月。
どこからその自信は来るのでしょう?
なんとか16pを描き上げ、右も左も分からず入稿、初めて同人誌を頒布した時の様子です(写ってるのは友達です)↓

布が無い!ポスタースタンドも無い!なぜかイーゼルはある笑
一丁前にペーパーもある!笑
何部売れたと思いますか?
500部刷って…
17部売れました!!
( ̄▽ ̄)
なぜだ…フルカラーなのに。東方は流行ってるらしいのに。
そうだ!イラスト集だからダメなんだ。マンガ形式にすれば売れるはずだ!
よし!次はフルカラーマンガにしよう!
そして「東方枕草紙2」を出します。(写ってるのは友達です)

印刷数は驚異の1000部!!!
なぜ1000部刷ったのかって?
バカだからです!
結果は1より売れませんでした。チーン( ̄▽ ̄)笑
しかしめげません。
足りないのは画力と露出度だと考えた僕は、pixivに毎日イラストを投稿するようになります。
調べると2010年の1年間で400枚近く投稿しています。
pixiv

結果、初サークル参加から6ヶ月後の2010年10月サンクリの新刊。
委託販売も合わせて、500部印刷した同人誌をすべて売り切ることが出来ました。


2011年 年収800万

勢いに乗った僕は同人誌を描き続けます。
この年はついに実家を離れ、同人作家3人とルームシェアをすることになりました。
だんだん既刊も増えて、スペースが賑やかになってきてますね。


2012年 年収1800万

この年は商業誌デビュー、コミケでは壁サークルとして参加させていただきました。
しかし、商業誌は肌に合わず、2本掲載したところで断念します。
完全な実力不足でした。


2013年 年収2000万~

同人誌は儲かるの?と聞かれたら、今ならこう答えます。
「出し続けて、運がよければ儲かるよ」と。
たまたま自分の好きなものと、時代とが合致した場合、ヒットが産まれるのだと思います。
初版部数は5000部を超え、僕の同人誌はまぁまぁのヒットだったのでは無いでしょうか?
あくまで井の中では、ですが。

メロンブックスさんで特設を組んでもらった様子です。↓

ただ触ってみたかっただけの一千万円。
引き出す時、銀行員に「何に使うんですか?」と聞かれました。
大きなお世話です。

母親に、コレで好きなものでも食えと言って渡しました。

 

ウソです。本当は不動産を買いました。


2014年 年収3000万~

法人を設立します。
社長になりました。
コミケはシャッターサークル、売上もピークを迎えます。
しかし、このあたりで違和感を感じ始めます。
「あれ?自分このままでいいのかな?」
漠然とした虚無感。
その発現としてか、絵を基礎から学ぼうとアニメ私塾に入塾しました。
【アニメ私塾】
※アニメ私塾とは、スタジオジブリ出身の本格派アニメーター室井康雄さんが、絵を添削してくれる画期的な塾なのだ!


2015年 年収2000万~

デッサン教室も行ってみました。

バクマン。が好きなので、一生に一度くらいは!
と思い、集英社に少年マンガの持ち込みをしてみました。

ワンカットですが、あの週刊少年ジャンプに自分の絵が載った時は本当に嬉しくて、コンビニ帰りに叫んでいました。
賞金10万円。審査員特別賞をハイキューの古館春一先生に頂きました。

コチラに載せておきます→【作品一覧
しかし思い出受験に満足したが如く、その後少年漫画を描きあげる事はありませんでした。


2016年 年収2000万~

この年はアニメ私塾のコースを本気で受けようと思い、狂った様に練習していました。
途中、練習のための練習になっていた感は否めませんが、デジタルでしか描けない病を克服し、今の画力の基礎になったことは間違いありません。
模写の仕方必ず見て描く、を覚えたのは大きな収穫でした。


2017年~2019年 年収2000万~

2018年、2019年のFANZAの売上です。

暮らしていけるだけの収入はありましたが…
迷走期です。
飲食店を経営したり、仮想通貨で遊んだり、3Dを覚えてみたり、動画を撮ったり、コスプレをしてみたり、色々やりました。
Ulike奇跡の一枚↓衣装は布から自作しました。

アニメ私塾の合宿で撮影した動画です↓左が僕。

絵で言うと、アナログ原稿に憧れてつけペンで描いてみたり、はたまたミニマリストに傾倒しiPadのみで描いてみたり。

同人のジャンルも東方よりハマれるコンテンツを探していました。(ガルパン、ドラクエ、FGO、オリジナルCG集等)
夢中を求めていたんだと思いますが、長くハマれるものはありませんでした。

ある意味無駄な期間です。
しかし、そのムダが良いんですよ。
冨樫先生も言ってるでしょう。

そう
無駄とも思える経験が必ず役に立ちます。

現在僕の年齢は33歳ですが、この年になると終わりを考える様になります。
すなわち残り時間はあと1万日強しか無いという事実…

2019年12月の今、フラットにやりたい事を考えた時…

やっぱマンガだな!!
となりました。
はい。
マンガが描きたいです。安西先生。


2020年 年収????

正直思うところがあります。
10年描いてこの程度の画力か〜と。

アニメ私塾で学んだ技術を漫画の原稿に生かしきれていません。
ところがどっこい…
こ れ か ら、です。
これから上手くなります。
来年はオリジナルの、成年向け漫画を織り込める、一般向け漫画を連載しようと企てています。
そして一般向け部分をあらゆるインディーズ漫画投稿サイトに投稿して読んでもらうのです。

モノクロ表現の技術を吸収して、シナリオなんかも勉強しちゃったりして、
自分の好きな漫画を描けるかと思うとスーパー楽しみです!
ブログという自社サイトも無事立ち上げられましたので、あとは漫画と記事を更新するだけです。
作品を買って応援していただけたら泣いて喜びます。ぜひ一つ買ってください!
作品一覧(18禁)


ここまで読んでくれてありがとうございました。

今後とも、【かみか堂/銀曜ハル】をよろしくお願いします!!